ようこそ「OTO MEETS ART」へ。「OTO MEETS ART」は音(おと)ちゃんの美術鑑賞レビューです。
あなたと、あなたのまちのARTに会いに行きます。

2017/10/01

【月刊OMA】2017年9月~ブログを始めて1年たちました(と、お知らせ)



早いもので。
美術鑑賞レビューOTO MEETS ARTを始めて1年が経ちました。


いつもこのブログに足を運んで下さる読者の方々。
本当にありがとうございます。

また、記事執筆や画像掲載を快く承諾して下さる展覧会の企画者、作家の皆々様。
私のワガママに辛抱強くお付き合い下さっていること、何度お礼を言っても足りないくらいです。

これまで公開した記事は27本。
この記事で28本目になります。
ビックリ。
個人的にはこんなに書けると思っていませんでした。

1年やってみて。
読者の方から助言や感想をいただいたり、それについて考えたりします。

もともとは自分の記録用のつもりでした。
ただそれだと誰でも読める形態にする必要はないので、展覧会の画像と感想を付けました。
そして定期的に更新できるように【月刊OMA(オーマ)】を始めました。

これが自分にとっては意外と大変でした。
展覧会に行くことと、ブログを書くこと。
作品に会いに行くのに、現地に着くと写真ばかり撮っていたり。
一体何のために出掛けてるんだか。
本末転倒です。

「私、ちゃんと作品観てるかな?」
最近そんな問いが、しばしば頭の中をよぎるようになりました。

これは困ったな、と思います。
だって、自分はやはり、記事を読んだ人に作品に会いたくなってほしいからです。


 アートに会いたくなるブログ


その思いを込めたい。
だから。
自分自身が作品と向き合うこと、対話することが大切だと改めて感じています。



そこで今後は。
【月刊OMA(オーマ)】に同時に掲載する「感想」と「記録」を別々の記事にします。

「記録」はこれまでどおり自分用。
知らない作家さんや展示スペースがあれば、今後のあなたの鑑賞の参考になれば幸いです。

「感想」は、もう少し自由に緩やかに。
感想に囚われる必要もないかな、と思っています。
と言っても、全くのノープランですが・・・(笑)。

どうなるかな。
自分でも今の時点ではよく分かりません。

ただ。
模索の中でより良いものに形作られていくなら。
新しい何かが芽生えるなら。
今はそれに身をゆだねようと思います。





******************

2017年9月の記録

2日 福岡アジア美術館【研修】
  平成29年度 第1回ボランティア研修会
  「VTS(ヴィジュアル・シンキング・ストラテジー)方式による対話型作品鑑賞体験」


6日 WALD ART STUDIO【個展】
   辻川 綾子 展
  「嗚呼、うつくしき見たまんまのせかい」


10日 ホテルオークラ福岡【アートフェア】
   ART FAIR ASIA FUKUOKA 2017


16日 みぞえ画廊 福岡店【個展】
   小松孝英個展[回想]

   WHITE SPACE ONE【個展】
   宮下 大輔 /[series 20170907]


23日 福岡アジア美術館【トークイベント】
   滞在作家によるトーク~これまでの活動と福岡での予定~
   クルパ・マーヒジャー(インド)

   三菱地所アルティアム【展覧会】
  「Re-actions 志水児王・堀尾寛太」


24日 福岡アジア美術館【展覧会】
  「マーベル展 時代が創造したヒーローの世界」


30日 八万湯【グループ展】
  「ずとち -figure and ground-」

******************



注)掲載している画像や文章の中には、特別に許可をいただいているものもあります。内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

*最終更新:2017年11月

0 件のコメント:

コメントを投稿